*

急な冠婚葬祭でお金が必要になってキャッシングを利用した平川(仮名)さんの体験談

ある日突然悪い知らせが家に届き、交通事故で親と兄が同時になくなってしまいました。
残された家族は自分と弟だけであったので、自分が喪主としてお通夜や葬式を取り仕切ることになりました。
今までは親が元気だったので長生きするものだと考えていたので、急に葬式をすることになり、悲しみとともに現実を受け入れれられない状態でした。

弟の力を借りて何とか葬儀屋とも打ち合わせを行うことが出来ましたが、急な葬式なのでお金がどうしても工面できませんでした。
そこで、普段は決して利用することがなかったキャッシングを利用してお金を借りました。
専業主婦 借入については専業主婦借入SK40
キャッシングには正直あまり良い印象を持っていませんでしたが、すんなりとお金を借りることが出来、利息の額もさほど高くはならなかったのですごくキャッシングに対して好印象に変わりました。

もしキャッシングでお金を借りることが出来なかったら葬式などに必要となるお金が用意できていなかったので、感謝の気持ちも感じています。


コメントする