*

思った程痛くなかったです

ホワイトニングは、メラニン色素の沈着が少ない、更に明るい肌を重視する美容分野の価値観、またはそんな状態のお肌そのもののことを言う。主に顔面の肌について使用されることが多い。
身体中に分布しているリンパ管に並ぶようにして動いている血の流れが鈍化すると、様々な栄養や酸素が隅々まで届きにくくなり、結果的には脂肪を多く定着させる素因となります。
且つ、たるみに深く絡んでいるのが表情筋。これは色んな表情をするたびに伸び縮みする顔にある筋肉のことです。真皮に存在するコラーゲンと同様、この筋力も歳を取るに従い低下してしまいます。
日本皮膚科学会の診断の目安は、①強いかゆみ、②特殊な皮疹とそのエリア、③慢性的で反復する経過、全て該当する病気をアトピー(atopic dermatitis)と言っている。
乾燥肌による痒みの要因の大半は、年齢を重ねることによる角質の細胞間脂質と皮脂分泌の衰退や、洗顔料などの頻繁な利用による肌の保護機能の低下によって引き起こされるのです。
ここ日本において、皮膚が透き通るように白くて黄ぐすみや大きなシミの無い状態を好ましく感じる風習は現代より前から浸透しており、「色の白いは七難隠す」という有名な諺もある。
本来、健康的な皮膚の新陳代謝は4週間周期になっており、日々新しい細胞が作られ、何時も剥落しているのです。この「日々の生まれ変わり」によって私たちの肌は若々しさをキープし続けています。
私たちが「デトックス」に魅力を感じる理由の一つとして考えられるのは、我々日本人が暮らしている環境の悪化だろう。大気や土壌は汚染され、コメや野菜などの食物には化学肥料や害虫予防の農薬がたくさん含まれていると噂されているのだから無理もない。



コメントする