*

わたしには1000万の借金がありました

雑誌のチラシ、スポーツ新聞紙、繁華街に張り付けられた宣伝広告やダイレクトメールで「多重債務の整理任せてください」「借金を集約しましょう」という内容の広告を見ることがよくあります。

そういったものは、「整理業者」「買取人」「つなぎ屋」という俗称の悪徳企業の嘘広告の場合があるということなのです。

それらを使った場合には自己破産の流れの中で最も重要な免責認定を得られない危険性がありえます。

「整頓屋」は宣伝などで借金を抱える人は引き寄せ、常識外の費用をもらって債務整頓をするのですが、実際のところ整頓は行われないまま、借金スパイラルに堕ちてしまう場合がほぼすべてになります。

「買取業者」とは借金者のローンで、電気製品、新幹線の利用券をいっぱい購入させて、依頼者から購入した品物を売値の10%や半分で購入するという方法が主です。

短期には現金が懐に入りますが、クレジット業者による品物の催促が送られてきて、結局のところ負債額を上乗せする結末になります。

カード業者に対しての詐欺行為とされて免責許可をもらえなくなります。

「紹介屋」とは名の知れた貸金から拒絶された負債人に対して業者としては貸出は全くせずに、貸出を可能な別の業者を呼んで、費用を受け取る企業です。

紹介屋は直接の苦労で融資可能となったように報告しますが本当のところは特に何もせず種は簡単で調査のゆるめの会社を把握しているということなのです。

この場合でも実際のところ借金額を増やす結末となります。


コメントする