*

ファッション

色々なサイズ

世の中には、サイズの中でも大・中・小で定義されるものであったり、L・M・Sで定義されるものもあります。 なにがそこの分かれ目になっているのか考えてみたいと思います。 まず、身の回りで大・中・小で定義されるものを考えてみたいと思います。 定食屋やさまざまな丼屋ではご飯や○○丼などが販売されていますが、これは大・中・小が基本定義だと思います。 そのほかには、パソコンなどで使う文字のフォントですね。大・中・小で考えることが多いかと思います。 ここで、サイズというところからは少し外れますが意外と盲点なのが学校ですね。 小学校・中学校・大学と大・中・小となっていますね。なぜ学校がこの括り方をされているのでしょうか? 単純に体の大きさなのでしょうか?人としての成長なのでしょうか?自分にはよくわかりません。 次に、L・M・Sで定義されているものを考えてみたいと思います。 身近なものですとジャンクフードの店などでは、ドリンクやポテトなどのサイズはL・M・Sで定義されていますね。 逆に大・中・小が定義されていたらそこには恐ろしい程の違和感を感じると思います。 他には、ピザなどもL・M・Sの定義が一般的ですね L・M・SはLarge、Middle、Smallで考えられていますので、やはり外国から来たものに多いのですかね。 ではここで、よく服のサイズで見かけるLLやXL,2Lなどについて考えてみたいと思います。 Lについては記載通りLargeがかけられたものと考えてよいのですかね。 XはおそらくeXtraのXですね。服のサイズはかなり幅広いので、XSなどその幅は多岐にわたりますね。 L・M・Sのサイズ記載方法の代表と言えますね。でも不思議なのは、なぜ外国ではその服のサイズ表記は数字で表記されているんでしょうか横浜桜木町駅前のQuol


最近の記事